キャスト

  • Eiji Okuda 奥田瑛二

    新城信綱

    1950年3月18日生まれ、愛知県出身。
    1979年『もっとしなやかに もっとしたたかに』(藤田敏八監督)で映画初主演。ドラマ「宮本武蔵」(84/NHK)や、「男女7人夏物語」(86/TBS)の出演を機に人気を博し、続く『海と毒薬』(86/熊井啓監督)で毎日映画コンクール 男優主演賞受賞、1989年同監督作品『千利休・本覚坊遺文』で日本アカデミー主演男優賞、1994年『棒の哀しみ』(神代辰巳監督)ではキネマ旬報、ブルーリボン賞など9つの主演男優賞を受賞し、その後も数多くの映画、ドラマに出演。近年の作品として、『64-ロクヨン-』(16/瀬々敬久監督)、『世界から猫が消えたなら』(16/永井聡監督)、『古都』(16/Yuki Saito監督)、『ニワトリ★スター』(18/かなた狼監督)、『散り椿』(18/木村大作監督)など。

    1950年3月18日生まれ、愛知県出身。
    1979年『もっとしなやかに もっとしたたかに』(藤田敏八監督)で映画初主演。ドラマ「宮本武蔵」(84/NHK)や、「男女7人夏物語」(86/TBS)の出演を機に人気を博し、続く『海と毒薬』(86/熊井啓監督)で毎日映画コンクール 男優主演賞受賞、1989年同監督作品『千利休・本覚坊遺文』で日本アカデミー主演男優賞、1994年『棒の哀しみ』(神代辰巳監督)ではキネマ旬報、ブルーリボン賞など9つの主演男優賞を受賞し、その後も数多くの映画、ドラマに出演。近年の作品として、『64-ロクヨン-』(16/瀬々敬久監督)、『世界から猫が消えたなら』(16/永井聡監督)、『古都』(16/Yuki Saito監督)、『ニワトリ★スター』(18/かなた狼監督)、『散り椿』(18/木村大作監督)など。

  • 筒井道隆

    Michitaka Tsutsui 筒井道隆

    新城 剛

    1971年3月31日生まれ、東京都出身。
    『バタアシ金魚』(90/松岡錠司監督)で映画主演デビュー、同作品で第14回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。ドラマ「あすなろ白書」(93/CX)、「君といた夏」(94/CX)、「王様のレストラン」(95/CX)などでも脚光を浴び、現在も数多くの映画、ドラマ、舞台で活躍している。近年の作品として、『64-ロクヨン-』(16/瀬々敬久監督)、『聖の青春』(16/森義隆監督)、『ママレード・ボーイ』(18/廣木隆一監督)、ドラマ「リテイク 時をかける想い」(16/CX)、「龍馬・最後の30日」(17/NHK)、「そろばん侍 風の市兵衛」(18/NHK)、「ハゲタカ」(18/EX)など。

    1971年3月31日生まれ、東京都出身。
    『バタアシ金魚』(90/松岡錠司監督)で映画主演デビュー、同作品で第14回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。ドラマ「あすなろ白書」(93/CX)、「君といた夏」(94/CX)、「王様のレストラン」(95/CX)などでも脚光を浴び、現在も数多くの映画、ドラマ、舞台で活躍している。近年の作品として、『64-ロクヨン-』(16/瀬々敬久監督)、『聖の青春』(16/森義隆監督)、『ママレード・ボーイ』(18/廣木隆一監督)、ドラマ「リテイク 時をかける想い」(16/CX)、「龍馬・最後の30日」(17/NHK)、「そろばん侍 風の市兵衛」(18/NHK)、「ハゲタカ」(18/EX)など。

  • 水崎綾女

    Ayame Misaki 水崎綾女

    新城優子

    1989年4月26日生まれ、兵庫県出身。
    2004年に第29回ホリプロタレントスカウトキャラバンでヤングサンデー賞を受賞しデビュー。ドラマ「吉祥天女」(06/EX)で女優デビュー、その後、多くのジャンルの映画、ドラマ、舞台で活躍し、2017年『光』(河瀨直美監督)ではヒロイン役に抜擢され、第70回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に参加をする。近年の作品としては、『ユダ』(主演:13/大富いずみ監督)、『進撃の巨人』(15/樋口真嗣監督)、『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』(16/福田雄一監督)、『リライフ Re LIFE』(17/古澤健監督)、『キモチラボの解放』(18/A.T監督)など。

    1989年4月26日生まれ、兵庫県出身。
    2004年に第29回ホリプロタレントスカウトキャラバンでヤングサンデー賞を受賞しデビュー。ドラマ「吉祥天女」(06/EX)で女優デビュー、その後、多くのジャンルの映画、ドラマ、舞台で活躍し、2017年『光』(河瀨直美監督)ではヒロイン役に抜擢され、第70回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に参加をする。近年の作品としては、『ユダ』(主演:13/大富いずみ監督)、『進撃の巨人』(15/樋口真嗣監督)、『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』(16/福田雄一監督)、『リライフ Re LIFE』(17/古澤健監督)、『キモチラボの解放』(18/A.T監督)など。

  • 大島蓉子

    Yoko Ohshima 大島蓉子

    高安信子

    1953年1月22日生まれ、宮城県出身。
    劇団青年座・EDメタリックシアターを経て、現在はテレビ・映画等で活躍している。主な出演作品に、「救命病棟24時」(99/CX)、「トリック」シリーズ(00/EX)、「人にやさしく」(02/CX)、「京都地検の女」(03/EX)、「ママはバレリーナ」(05/TBS)、「砂時計」(07/TBS)、「鬼嫁日記」(05/KTV)、「火花」(16/Netflix) 、「西郷どん」(18/NHK)などがある。また映画では、『七人のおたく』(92/山田大樹監督)、『リング』(98/中田秀夫監督)、『トリック劇場版』シリーズ(02~10/堤幸彦監督)、『包帯クラブ』(07/堤幸彦監督)、『悼む人』(15/堤幸彦監督)、『キツツキと雨』(12/沖田修一監督)、舞台では『理由なき反抗』(05/堤幸彦作・演出)、『ピッピ』(06/宮田慶子演出)などに出演している。

    1953年1月22日生まれ、宮城県出身。
    劇団青年座・EDメタリックシアターを経て、現在はテレビ・映画等で活躍している。主な出演作品に、「救命病棟24時」(99/CX)、「トリック」シリーズ(00/EX)、「人にやさしく」(02/CX)、「京都地検の女」(03/EX)、「ママはバレリーナ」(05/TBS)、「砂時計」(07/TBS)、「鬼嫁日記」(05/KTV)、「火花」(16/Netflix) 、「西郷どん」(18/NHK)などがある。また映画では、『七人のおたく』(92/山田大樹監督)、『リング』(98/中田秀夫監督)、『トリック劇場版』シリーズ(02~10/堤幸彦監督)、『包帯クラブ』(07/堤幸彦監督)、『悼む人』(15/堤幸彦監督)、『キツツキと雨』(12/沖田修一監督)、舞台では『理由なき反抗』(05/堤幸彦作・演出)、『ピッピ』(06/宮田慶子演出)などに出演している。

  • 坂本あきら

    Akira Sakamoto 坂本あきら

    高安 豊

    1949年7月31日生まれ、埼玉県出身。
    1973年劇団東京ヴォードヴィルショー結成後、多くの映画、ドラマ、舞台に出演し活躍。「笑っていいとも!」(CX)初代レギュラーを務め、TVアニメ「こちら葛飾区亀有公園前派出所」では声優業にも挑戦するなど、俳優業の枠を超え、幅広く活躍している。
    出演作品に、映画では『リング 完全版』(95/瀧川治水監督)、『LIMIT OF LOVE 海猿』(06/羽住英一郎監督)、『タバコイ~タバコではじまる恋物語~』(12/中川通成監督)、『日本で一番悪い奴ら』(15/白石和彌監督)、舞台では「こちら葛飾区亀有公園前派出所」(16)などがある。

    1949年7月31日生まれ、埼玉県出身。
    1973年劇団東京ヴォードヴィルショー結成後、多くの映画、ドラマ、舞台に出演し活躍。「笑っていいとも!」(CX)初代レギュラーを務め、TVアニメ「こちら葛飾区亀有公園前派出所」では声優業にも挑戦するなど、俳優業の枠を超え、幅広く活躍している。
    出演作品に、映画では『リング 完全版』(95/瀧川治水監督)、『LIMIT OF LOVE 海猿』(06/羽住英一郎監督)、『タバコイ~タバコではじまる恋物語~』(12/中川通成監督)、『日本で一番悪い奴ら』(15/白石和彌監督)、舞台では「こちら葛飾区亀有公園前派出所」(16)などがある。

  • 鈴木Q太郎

    Qtaro Suzuki 鈴木Q太郎

    神山亮司

    1974年8月14日生まれ、新潟県出身。
    2001年頃からお笑いコンビ、ハイキングウォーキングとして活動。2005年『あさってDANCE』(本田隆一監督)にて映画初出演。その後も2009年に『特命女子アナ 並野容子』(田尻裕司監督)、2018年に『いなべ』(深田晃司監督)などの映画に出演。テレビ番組ではレギュラーメンバーとして「メレンゲの気持ち」(NTV)に出演中。そのほか「エンタの神様」(NTV)などのバラエティ番組やお笑い番組だけでなく、ドラマでは「ハイパーヨーヨーバーニング」(11/TX)、アニメでは「もやしもん」(07/CX)、ラジオ番組「三井住友VISAカード presents Amitié du weekend」(94/TFM)ではパーソナリティを務めるなど、幅広く活躍している。

    1974年8月14日生まれ、新潟県出身。
    2001年頃からお笑いコンビ、ハイキングウォーキングとして活動。2005年『あさってDANCE』(本田隆一監督)にて映画初出演。その後も2009年に『特命女子アナ 並野容子』(田尻裕司監督)、2018年に『いなべ』(深田晃司監督)などの映画に出演。テレビ番組ではレギュラーメンバーとして「メレンゲの気持ち」(NTV)に出演中。そのほか「エンタの神様」(NTV)などのバラエティ番組やお笑い番組だけでなく、ドラマでは「ハイパーヨーヨーバーニング」(11/TX)、アニメでは「もやしもん」(07/CX)、ラジオ番組「三井住友VISAカード presents Amitié du weekend」(94/TFM)ではパーソナリティを務めるなど、幅広く活躍している。

  • 筒井真理子

    Mariko Tsutsui 筒井真理子

    新城恵美子

    10月13日生まれ、山梨県出身。
    1994年『男ともだち』(山口巧監督)で映画主演デビュー。その後も数多くの映画、ドラマに出演し幅広い役を演じ分けることに定評がある。第69回カンヌ国際映画祭「ある視点部門」で審査員賞受賞の『淵に立つ』(16/深田晃司監督)では、第38回ヨコハマ映画祭で主演女優賞、第31回高崎映画祭で最優秀主演女優賞、第71回毎日映画コンクールでは女優主演賞を受賞した。そのほかの主な出演作品に、『黄泉がえり』(03/塩田明彦監督)、『クワイエットルームにようこそ』(07/松尾スズキ監督)、『アキレスと亀』(08/北野武監督)、『希望の国』(12/園子温監督)、『ラストレシピ」(17/滝田洋二郎監督)などがある。また、ドラマでは、「花子とアン」(14/NHK)、「デッドストック」(18/TX)、「監獄のお姫さま」(18/TBS)などに出演している。公開待機作品に、「jam」(18/SABU監督)、『愛がなんだ』(19/今泉力哉監督)がある。

    10月13日生まれ、山梨県出身。
    1994年『男ともだち』(山口巧監督)で映画主演デビュー。その後も数多くの映画、ドラマに出演し幅広い役を演じ分けることに定評がある。第69回カンヌ国際映画祭「ある視点部門」で審査員賞受賞の『淵に立つ』(16/深田晃司監督)では、第38回ヨコハマ映画祭で主演女優賞、第31回高崎映画祭で最優秀主演女優賞、第71回毎日映画コンクールでは女優主演賞を受賞した。そのほかの主な出演作品に、『黄泉がえり』(03/塩田明彦監督)、『クワイエットルームにようこそ』(07/松尾スズキ監督)、『アキレスと亀』(08/北野武監督)、『希望の国』(12/園子温監督)、『ラストレシピ」(17/滝田洋二郎監督)などがある。また、ドラマでは、「花子とアン」(14/NHK)、「デッドストック」(18/TX)、「監獄のお姫さま」(18/TBS)などに出演している。公開待機作品に、「jam」(18/SABU監督)、『愛がなんだ』(19/今泉力哉監督)がある。

  • 山城智二

    Tomoji Yamashiro 山城智二

    高安 悟

    1971年7月22日沖縄県出身。
    沖縄県内でTV・CMなどで活躍中のお笑い芸人。俳優としても評価が高く映画やドラマにも多数出演中。2017年には出演映画『born、bone、墓音。』にて、米国アカデミー賞公認・国際短編映画祭“ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2017”ベストアクターアワード《ジャパン部門》を受賞した。“MADE in うちなー・MADE in FEC”をモットーに50人以上が所属する沖縄のお笑い団体“有限会社FECオフィス”(今年で旗揚げ25周年を迎える)代表も務めている。

    1971年7月22日沖縄県出身。
    沖縄県内でTV・CMなどで活躍中のお笑い芸人。俳優としても評価が高く映画やドラマにも多数出演中。2017年には出演映画『born、bone、墓音。』にて、米国アカデミー賞公認・国際短編映画祭“ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2017”ベストアクターアワード《ジャパン部門》を受賞した。“MADE in うちなー・MADE in FEC”をモットーに50人以上が所属する沖縄のお笑い団体“有限会社FECオフィス”(今年で旗揚げ25周年を迎える)代表も務めている。

  • 前原エリ

    Eri Maehara 前原エリ

    高安マキ

    沖縄県出身。
    2001年、NHK朝の連続テレビ小説「ちゅらさん」前原琉美子役で女優デビュー。特技のトロンボーンを生かし、2004年に映画『スウィングガールズ』(矢口史靖監督)に出演。フジテレビ系連続ドラマ「リアルクローズ」(09)などテレビドラマでも活躍。
    そのほかに『天国からのエール』(11/熊澤誓人監督)、『ひまわり〜沖縄は忘れない、あの日の空を〜』(13/及川善弘監督)、『旅立ちの島唄〜十五の春〜』(13/吉田康弘監督)など沖縄を舞台にした映画にも出演。

    沖縄県出身。
    2001年、NHK朝の連続テレビ小説「ちゅらさん」前原琉美子役で女優デビュー。特技のトロンボーンを生かし、2004年に映画『スウィングガールズ』(矢口史靖監督)に出演。フジテレビ系連続ドラマ「リアルクローズ」(09)などテレビドラマでも活躍。
    そのほかに『天国からのエール』(11/熊澤誓人監督)、『ひまわり〜沖縄は忘れない、あの日の空を〜』(13/及川善弘監督)、『旅立ちの島唄〜十五の春〜』(13/吉田康弘監督)など沖縄を舞台にした映画にも出演。

  • 普久原明

    Akira Fukuhara 普久原明

    宮城先生

    1958年沖縄県那覇市出身。
    1983年 沖縄喜劇の新時代を築いた“笑築過激団”入団。方言と標準語をミックスした演劇で話題を呼び、高視聴率を出した伝説の笑劇番組「お笑いポーポー」(RBCテレビ)を冠に、「ゴーヤージラー」や 「かまど体操」等のキャラクターで人気を博する。また特撮番組「琉神マブヤー」(RBCテレビ)のチューバーおじー役でも親しまれている。更に琉球古典芸能も継承し2012年度(第47回)沖縄タイムス芸術選奨 演劇部門「大賞」受賞、沖縄俳優協会副会長も務めた。喜劇の女王仲田幸子率いる「劇団でいご座」・「よしもと沖縄新喜劇」共にレギュラー出演他、映画、ドラマ、CM、舞台等、多方面で活躍中。

    1958年沖縄県那覇市出身。
    1983年 沖縄喜劇の新時代を築いた“笑築過激団”入団。方言と標準語をミックスした演劇で話題を呼び、高視聴率を出した伝説の笑劇番組「お笑いポーポー」(RBCテレビ)を冠に、「ゴーヤージラー」や 「かまど体操」等のキャラクターで人気を博する。また特撮番組「琉神マブヤー」(RBCテレビ)のチューバーおじー役でも親しまれている。更に琉球古典芸能も継承し2012年度(第47回)沖縄タイムス芸術選奨 演劇部門「大賞」受賞、沖縄俳優協会副会長も務めた。喜劇の女王仲田幸子率いる「劇団でいご座」・「よしもと沖縄新喜劇」共にレギュラー出演他、映画、ドラマ、CM、舞台等、多方面で活躍中。

  • 城間祐司

    Yuji Shiroma 城間祐司

    比嘉永昌

    1990年小学校からの友人同士でコンビ“ゆうりきや~”を結成。番組で演じた“おじぃ”のキャラクターが地元沖縄で根強い人気を誇り、テレビやCM、イベントなどで数多く起用される。また俳優として、沖縄テレビドラマ「オバー自慢の爆弾鍋」(13/OTV)、「ハルサーエイカー1・2」(OTV)に出演。現在は脚本家としても活動しており、沖縄テレビ「oh!笑いけんさんぴん」内の喜劇や2005年読売テレビドラマ「沖縄オバァ烈伝」を担当。ほかにも、「男女共同参画芝居」、「ゴミ捨て山で逢いましょう」、「健康裁判」など、沖縄県内各市町村や行政に関する芝居の脚本を手掛けている。

    1990年小学校からの友人同士でコンビ“ゆうりきや~”を結成。番組で演じた“おじぃ”のキャラクターが地元沖縄で根強い人気を誇り、テレビやCM、イベントなどで数多く起用される。また俳優として、沖縄テレビドラマ「オバー自慢の爆弾鍋」(13/OTV)、「ハルサーエイカー1・2」(OTV)に出演。現在は脚本家としても活動しており、沖縄テレビ「oh!笑いけんさんぴん」内の喜劇や2005年読売テレビドラマ「沖縄オバァ烈伝」を担当。ほかにも、「男女共同参画芝居」、「ゴミ捨て山で逢いましょう」、「健康裁判」など、沖縄県内各市町村や行政に関する芝居の脚本を手掛けている。

  • 福田加奈子

    Kanako Fukuda 福田加奈子

    仲宗根初江

    1943年~2018年。沖縄県宜野湾市出身。
    10歳より琉舞を学び始め「貞扇会」山田貞子先生より免許授与。以降、師範となる。1960年「乙姫劇団」へ入団。その後、テレビ番組へも多数出演し、世界各国を巡り郷土芸能を披露した。ラジオ沖縄「民謡の花束」ディスクジョッキーを25年間担当。「劇団 潮」に参加し舞台であらゆる役を演じる。1987年沖縄海邦国体全国放送メインキャスター(NHK)を務めるなど多方面にわたり活躍。よしもと沖縄新喜劇にはオバァ役で出演。各所の琉球舞踊教室においては指導も務めた。主な出演映画に、『南の島のフリムン』(09/照屋年之監督)、『やんばるキョ!キョ!キョ!』(15/照屋年之監督)、『born、bone、墓音。』(16/照屋年之監督)など。

    1943年~2018年。沖縄県宜野湾市出身。
    10歳より琉舞を学び始め「貞扇会」山田貞子先生より免許授与。以降、師範となる。1960年「乙姫劇団」へ入団。その後、テレビ番組へも多数出演し、世界各国を巡り郷土芸能を披露した。ラジオ沖縄「民謡の花束」ディスクジョッキーを25年間担当。「劇団 潮」に参加し舞台であらゆる役を演じる。1987年沖縄海邦国体全国放送メインキャスター(NHK)を務めるなど多方面にわたり活躍。よしもと沖縄新喜劇にはオバァ役で出演。各所の琉球舞踊教室においては指導も務めた。主な出演映画に、『南の島のフリムン』(09/照屋年之監督)、『やんばるキョ!キョ!キョ!』(15/照屋年之監督)、『born、bone、墓音。』(16/照屋年之監督)など。

スタッフ

照屋年之

監督・脚本

Toshiyuki Teruya 照屋年之

芸名:ガレッジセール・ゴリ。1972年5月22日沖縄県那覇市出身。
日本大学芸術学部映画学科演劇コースを中退後、中学の同級生だった川田広樹とお笑いコンビ、ガレッジセールを結成。テレビ番組を中心に活躍し、2005年には「ゴリエ」のキャラクターで大ブレイクし、「第56回紅白歌合戦」では歌手として出場。その後は俳優としても活躍の場を広げ、MHK連続テレビ小説「ちゅらさん」では主人公の兄役を好演。06年、短編映画『刑事ボギー』で監督デビューを果たす。『born、bone、墓音。』(16)は、ショートショートフィルムフェスティバル&アジア(SSFF&ASIA)2017のジャパン部門賞グランプリ、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2017でも観客賞を受賞するなど高い評価を受け、芸人、俳優、映画監督と多岐に渡り、活躍している。

2006年 『刑事ボギー』(短編・監督デビュー作)
2007年 『ボギー☆ザ・ヒーロー』(短編)
2009年 『南の島のフリムン』(長編・長編監督デビュー作)
2011年 『伝説の家族』(短編・自主映画)
2012年 『SNS』(短編・自主映画)
2013年 『税金サイボーグ・イトマン』(短編)
2014年 『ロクな人生』(短編)
2015年 『やんばるキョ!キョ!キョ!』(短編)
2016年 『born、bone、墓音。』(短編)
2017年 『選ばれた男』(短編)

芸名:ガレッジセール・ゴリ。1972年5月22日沖縄県那覇市出身。
日本大学芸術学部映画学科演劇コースを中退後、中学の同級生だった川田広樹とお笑いコンビ、ガレッジセールを結成。テレビ番組を中心に活躍し、2005年には「ゴリエ」のキャラクターで大ブレイクし、「第56回紅白歌合戦」では歌手として出場。その後は俳優としても活躍の場を広げ、MHK連続テレビ小説「ちゅらさん」では主人公の兄役を好演。06年、短編映画『刑事ボギー』で監督デビューを果たす。『born、bone、墓音。』(16)は、ショートショートフィルムフェスティバル&アジア(SSFF&ASIA)2017のジャパン部門賞グランプリ、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2017でも観客賞を受賞するなど高い評価を受け、芸人、俳優、映画監督と多岐に渡り、活躍している。

2006年 『刑事ボギー』(短編・監督デビュー作)
2007年 『ボギー☆ザ・ヒーロー』(短編)
2009年 『南の島のフリムン』(長編・長編監督デビュー作)
2011年 『伝説の家族』(短編・自主映画)
2012年 『SNS』(短編・自主映画)
2013年 『税金サイボーグ・イトマン』(短編)
2014年 『ロクな人生』(短編)
2015年 『やんばるキョ!キョ!キョ!』(短編)
2016年 『born、bone、墓音。』(短編)
2017年 『選ばれた男』(短編)

  • 音楽

    Kazuya Sahara 佐原一哉

    1958年福岡県門司市出身。
    同志社大学卒業。音楽プロデューサー、キーボード奏者、作詞作曲編曲家。主に沖縄の民謡や関西の音頭など日本の伝統的大衆音楽をプロデュースする。“ネーネーズ”を経て現在は古謝美佐子及び“うないぐみ”の総合プロデューサー。作曲家として、夏川りみ、森進一、都はるみ、三波春夫、中尾彬等に曲を提供する。代表作「童神」は2003年度日本レコード大賞金賞を受賞。その他、コンサートの企画構成演出、文楽人形と古謝のコラボ作品「吉屋チルー物語」の脚本、ドキュメンタリー映画『鬼に訊け~宮大工 西岡常一の遺言』の音楽、NHK「名曲アルバム」の編曲を手がけるなど、多岐に渡り活躍。

    1958年福岡県門司市出身。
    同志社大学卒業。音楽プロデューサー、キーボード奏者、作詞作曲編曲家。主に沖縄の民謡や関西の音頭など日本の伝統的大衆音楽をプロデュースする。“ネーネーズ”を経て現在は古謝美佐子及び“うないぐみ”の総合プロデューサー。作曲家として、夏川りみ、森進一、都はるみ、三波春夫、中尾彬等に曲を提供する。代表作「童神」は2003年度日本レコード大賞金賞を受賞。その他、コンサートの企画構成演出、文楽人形と古謝のコラボ作品「吉屋チルー物語」の脚本、ドキュメンタリー映画『鬼に訊け~宮大工 西岡常一の遺言』の音楽、NHK「名曲アルバム」の編曲を手がけるなど、多岐に渡り活躍。

  • 主題歌

    Misako Koja 古謝美佐子

    1954年沖縄県嘉手納町出身。
    沖縄民謡女性歌手。9才でレコードデビュー。1986年より坂本龍一のユニットに参加。1990年より“ネーネーズ”にリーダーとして参加。1995年末脱退後ソロ活動開始。アルバム「天架ける橋」、「廻る命」は高く評価され、自作詞の子守歌「童神」は夏川りみなど多くの歌手にカバーされ全国的に愛される。2014年から4人グループ“うないぐみ”の活動も始め、1stアルバム「うない島」、坂本龍一と共作シングル「弥勒世果報」発売。役者として照屋年之監督の短編映画『born、bone、墓音。』(16)等にも出演している。本作『洗骨』でも地元の小売店で働くおばさん役で出演しており、リアリティある演技で存在感を残している。

    1954年沖縄県嘉手納町出身。
    沖縄民謡女性歌手。9才でレコードデビュー。1986年より坂本龍一のユニットに参加。1990年より“ネーネーズ”にリーダーとして参加。1995年末脱退後ソロ活動開始。アルバム「天架ける橋」、「廻る命」は高く評価され、自作詞の子守歌「童神」は夏川りみなど多くの歌手にカバーされ全国的に愛される。2014年から4人グループ“うないぐみ”の活動も始め、1stアルバム「うない島」、坂本龍一と共作シングル「弥勒世果報」発売。役者として照屋年之監督の短編映画『born、bone、墓音。』(16)等にも出演している。本作『洗骨』でも地元の小売店で働くおばさん役で出演しており、リアリティある演技で存在感を残している。